4軒回っても良くならなかった産後の腰痛がきれいさっぱりとなくなった本当の理由とは?

今回は久々に登場のエレンさんです。

相も変わらずエレンさんにメロメロな奈良県生駒市・東生駒駅前

少数精鋭「治せる」治療家集団®「鍼灸王国」の多井です。

 

 

今回のテーマは、

「4軒回っても良くならなかった産後の腰痛がきれいさっぱりとなくなった本当の理由とは?」

もしあなたが今、産後の腰痛で辛い思いをしていて、

子育てをもっとしっかりしたいのに出来ない、もっともっと子供と遊んであげたい。

そんな思いをしているなら最後まで読んでみてほしい。

これを読み終わった後、きっととても安心することでしょう。

 

今回「患者さんの声」をくださったT・Kさんは30代の女性で今回が初めての出産でした。

 

そして来院当初の症状は、

産後の腰痛から動けなくなってしまうほどになってしまい、日常生活を普通に送ることが難しくなっていました。

 

 

出産を終えてしばらくすると日に日に腰が痛いなと思うようになっていました。

 

それでも子育てはちゃんとしなくちゃいけないし、家事もおろそかにしたくないという思いで頑張っておられました。

しかし気持ちとは裏腹にどんどんと症状が悪化し、痛みで歩くことも出来ないぐらいの痛みに変わってきていました。

 

「このままほっといては大変なことになってしまう」と近所の病院や整骨院、整体に行って施術を受けてみたものの良くなる気配は見えずに途方に暮れていました。

 

言われることはどこでもだいたい同じで「産後の腰痛は骨盤がゆるんでしまっていて、それを締めてあげればいいんですよ」と言われ、骨盤矯正をしてもらって、腰に電気を当てたり温めたりという施術を受けていました。

 

何度か受けてもほとんど症状は変わらず、しょうがないので別の治療院に行ってみるもやっぱり変わらないということを4軒回ったところで「私はもうこの痛みと一生付き合っていかないといけないんだろうな。」と半分以上あきらめかけていました。

 

 

そんな時に当院をよく知る方からの「そんなにつらい思いをしていて困っているなら、ちょっと遠いかもしれないけど奈良の東生駒にいい先生がいるから最後にもう一回だけ行ってみたら?」と強いすすめを受けました。

 

はじめは当院に来るのにも大阪の堺市から片道1時間ほどかかることもあり「まだ子供も小さいし、1人で家にほっとくことも出来ないし行くのは難しいかなぁ。」と来院することをまよっていましたが、

「もしこれでダメなら最後だと思って、なんとか子供を預けてでも行ってみよう」と思い、なんとかしてでも来院しようと意思を固めて連絡してくださいました。

 

 

そんなT・Kさんの現在の状況はどうなったでしょうか?

今ではまったく痛みもなくなり、子供と一緒に走り回ることが出来るようになり、家事も子育ても何を気にすることなく生活出来るようになりました。

 

それも3週間で4回の施術でここまでスッキリと良くなることが出来ました。

 

あの時「なんとしてでも来院しよう!」と強い意志を持って、勇気を出して当院に連絡して良かったですね、T・Kさん!

 

 

それではさっそくT・Kさんの喜びの声を読んでみてください。

 

 

T・Kさんご協力ありがとうございました。

なぜいくつも整骨院や整体に行っても良くならなかった産後の腰痛がスッキリと良くなって、今では子供と一緒に走り回り、何をするのも気にせずに動けるようになったのか?

よく産後の腰痛は出産の際に骨盤が開き、関節がゆるんでしまっているので痛みが出ると言われて骨盤矯正を行うことが多いです。

 

もちろんそれが原因になっていて骨盤矯正を行うことで良くなるものがあるのは事実です。

 

でもあなたはそれでも完治にはいたっていないのですよね?

 

 

私たちはそれも当然であると考えています。

 

産後の腰痛というのは単純に骨盤矯正だけでスッキリと良くなっていくものだけではないのです。

もちろん当院の施術でも産後の腰痛に対して骨盤調整を行います。

なざならそれをしてあげることが重要な施術の1つであると考えているからです。

 

ただ他にも重要な原因があることが多いのために良くならなかったのです。

 

そこが改善されないと今回のT・Kさんのようにいろいろなところで骨盤調整を受けて、腰に電気を当てたり、温めたりしても一向に良くならなかったのです。

では骨盤矯正の他に必要だったこととは何でしょうか?

まず前提として、産前と産後しばらくの間は普段の状態とは大きく変わっています。

 

何が普段の状態と違うのか?

それはホルモンバランスが明らかに異なっています。

 

女性の場合には、毎月の月経により1月の中でもホルモンバランスが変わってきますが、産前産後の場合にはもっと大きなスパンでのホルモンバランスが変わっていきます。

詳しく書くと読むのに疲れてしまうと思うので省きますが、

ざっくりとお伝えすると妊娠中にお腹の中の赤ちゃんを育てること、そして出産すること、出産後赤ちゃんに母乳をあげるという中で、生物としてとても大切な時期ですのでいつもとは違うホルモンのバランスになるのです。

 

それが原因で身体と心のバランスが崩れてしまいがちになります。

 

 

それは、出産後の女性の身体には特有の変化であり、そのためにホルモンバランスの調整が必要だったのです。

 

「えっ!そんなことが鍼灸や整体で可能なの?」という声が聞こえてきますね。

 

そうなんです!

当院独自の施術法である「天星十五脈診整法」ではそのホルモンバランスを整えてあげるようなアプローチが出来る施術なのです。

 

 

ですから整骨院や整体に行っても良くならなかった産後腰痛がスッキリと良くなっていくのです。

 

 

そしてその当院独自の施術である「天星十五脈診整法」という施術は、ほんとうに軽い刺激で行います。

 

まず身体全体の気の流れを良くしてあげることで、身体自身の治す力を取り戻すことになります。

ここがないとどんな施術をしてもすぐにまた悪い状態に戻ってしまいやすくなってしまいます。

 

これは一般的な「脈診」とはまた少し違った当院独自の「脈診」を使って、鍼とお灸を使って施術していきます。

 

鍼とお灸と聞くと痛かったり、熱かったりするイメージがあるかもしれませんが、当院で使う鍼は日本で使用するものの中で「一番細くて短い鍼」になるのでほとんど痛みはありません。

 

小さなお子さんに使っても「もう打刺したの?」とビックリされる方もいるぐらいですので安心してください。

 

またお灸にしても、やけどするようなことはなくホワ~っと「あったかいな」と思うぐらいのほとんどの方が「気持ちがいいな」と思う程度の物になっていますの安心してください。

 

 

さらにホルモンバランスの調整の施術も軽く足のあるツボを軽く擦ってあげたり、お腹を触ったりするぐらいで、キツイ刺激はないので小さなお子さんからお年寄りでも安心して楽に受けてもらえます。

 

 

それに加えてその方の症状に合わせて骨盤調整やその他さまざまな施術を行うことで、今回のT・Kさんのようにすっきりとまったく痛みもなくなり、子供と一緒に走り回ることが出来るようになり、家事も子育ても何を気にすることなく生活出来るような状態にまで良くなっていくのです。

 

 

「産後の腰痛はあって当たり前だから我慢するしかないと思っていました。」とおっしゃる声をよく聞きます。

 

でもね、実際に出産後の腰痛があってどこに行っても良くならなかった症状を持っていたとしても、今回のT・Kさんのように何事もなかったかのように生活できるようにまで良くなっていくのです。

 

あなたのその症状は適切な施術を行い、身体にとって良い状態にしていってあげさえすれば必ず良くなるはずなのです。

 

だからあなたのそのどこに行っても良くならなかった症状があったとしても絶対にあきらめないでください。

 

もしあなたが今、産後の腰痛で辛い思いをしていて、子育てをもっとしっかりしたいのに出来ない、もっともっと子供と遊んであげたい。

そんな思いをしているなら今すぐにでも一度連絡してほしい。

 

私たちはそんなあなたを笑顔に出来る技術を持っています。

 

あなたとのご縁を心よりお待ちしております。

 

 

感謝。

鍼灸王国