整形治療・ボキボキ整体など何をしても改善しなかったヘルニアが1ヶ月15回施術で治ってしまったその理由とは?

エイが泳いでるのを見るのが好きです。

エ~イって背中に乗りたいと思っている奈良県生駒市・東生駒駅前

少数精鋭「治せる」治療家集団®「鍼灸王国」の多井です。

 

 

今回のテーマは、

整形治療・ボキボキ整体など何をしても改善しなかったヘルニアが1ヶ月15回施術で治ってしまったその理由とは?

もしあなたが今、ヘルニアだと病院で言われ腰の痛みと足にかけての痛みがきつく、仕事をするのが困難になってきているのなら、ぜひ最後まで読んでみてほしい。

 

きっと自分も大丈夫だと安心できるはずだから。

 

 

今回「口コミ・患者さんの声」をくださったみかんさんは33歳の男性で引っ越しのお仕事をされています。

来院当初の症状は、1年ほど前にぎっくり腰をしてから腰の痛みが取れず、腰から足にかけて痛みが出てきてしまいお仕事を続けれるかどうかの瀬戸際に追い込まれていました。

 

ずっと引っ越しの現場でお仕事をしていたみかんさんですが、このぎっくり腰が出てから痛みが引かず、腰から足にかけての痛みとシビレで現場に出ることが出来なくなってしまいました。

 

それから事務作業をメインに仕事は続けていましたが、みかんさんは「現場の仕事が好きでこの仕事をしているので、なんとかまた現場に復帰したい。それともうしばらくしたら子供が生まれるのでそれまでに治して抱っこしてあげたいんです。」と涙ながらに訴えてこられました。

 

 

そうした事務作業をしていても長時間座っていると足に張り感とシビレが出てきて座っていられず、ちょこちょこと席を立って症状が治まるのを待ってはまた座り、また症状が出てきて立ち上がりということを繰り返していました。

 

 

このみかんさんはここまでひどくなる前に何も手を打たなかったわけではありません。

 

お仕事柄「自分自身の身体が資本」だということを十二分にわかっていたため、腰を痛めるまではジムに通って体幹トレーニングをしたりしながら人一倍健康には気を付けていました。

 

ぎっくり腰をしてしまった時も、すぐになんとかしてもらおうと整形外科に駆け込みました。

ですが整形外科ではレントゲンを撮られて、特に異常がなかったため「湿布を貼って安静にするように」と言われ、湿布と痛み止めのお薬をもらって帰るだけでした。

 

それでもまじめなみかんさんは、お医者さんの言われた通りにすれば治ると信じて痛み止めのお薬を飲んで、湿布を貼って安静に休んでいたそうです。

 

しかし痛みは一向に引かないどころかだんだんと腰だけでなく足の方にまで痛みが出てくるようになってきていました。

 

足にまで痛みが出てきたことでただのぎっくり腰ではないんじゃないかと感じたみかんさんは、あわててもう一度整形外科に駆け込んだそうです。

 

そこで今度はMRIを撮ることになったものの、すぐには撮ってもらえずに1週間ほど待ってやっと撮ってもらえてそうです。

 

 

そこで腰椎のヘルニアであると診断されて、また「しばらく安静にする」ように言われ、「痛みが落ち着いたらリハビリをしましょう」と言われました。

 

「本当にそれで良くなるのか?」という疑問はあったものの、他にどうすることも出来ずに再びしばらく安静にすることにしたそうです。

 

しかし当然のことながら、そのまま安静にしていても良くなることはなく、「病院に行ってもしょうがない」と思ったみかんさんは、同僚のすすめで会社近くの整骨院に行くことにしたそうです。

 

 

その時点でのみかんさんの状態は、腰は変わらず痛みで重いものは持てず、足の痛みとシビレはどんどんとひどくなってきていました。

 

同僚の腰痛が良くなっているのを見ていたので、とても期待をして施術を受けに行ったそうです。

 

そいてバキバキときつい施術を受けた後、なんとなく楽になった感じがあったので少し安心したそうです。

 

そしてその日は家に帰ってゆっくり休んだそうです。

 

そしてまた施術を受けて「なんとなく楽になったかなぁ」という感じで何度か受けてみたそうです。

 

しかし「なんとなく楽になったかなぁ」という感じもその日だけで、症状自体はほとんど変わることがありませんでした。

 

未だに腰は痛いし、足に痛みとシビレは残ったままで現場に復帰できるめども立たない。

 

何度施術に通っても、少しはマシな気もするがはっきりと良くなっているとはなかなか思えず、そのことを通っている先生に聞いてみると言葉を濁され、なんとなく機嫌も悪くなってしまった気がする。

 

そこからなんとなく行きにくくなってしまい、施術に行くのをやめてしまったそうです。

 

そんな絶望の中、毎日を過ごしていると次第に「このまま治らないんじゃないか」「もう好きな仕事に戻れないのではないか」という不安が頭の中を駆け巡るようになってきて、夜も眠れなくなってしまったそうです。

 

そこから体調自体を崩してしまい、肉体的にも精神的にもつらく苦しい状態で毎日を過ごしていました。

 

 

そんな時に、なんとか今のこのつらく苦しい状態から抜け出したいと必死にインターネットで「自分の状態を治してくれるところはないか?」と探していたところたまたま当院のHPを見つけたそうです。

 

「ここならもしかしたら今の自分の状態を治してくれるんじゃないか。」と一縷の希望を持って電話してくださいました。

 

 

 

そんなみかんさんの「口コミ・患者さんの声」を読んでみてください。

毎日痛くて辛かった腰椎ヘルニアが楽になって楽しく過ごしています。

Q1.どんな症状をお持ちでしたか?

ヘルニアで腰から足にかけての神経痛

 

Q2.鍼灸治療など、当院へ来院にあたって心配はなかったですか?

また心配はどうやって解消しましたか?

正直心配はありましたが、日々の施術によって痛みなどがひいていったので、今はまったく無いです。

 

Q3.当院の施術を受けたときの印象・感想などを教えてください。

初日で痛みなどが楽になったので最初は正直おどろきました。

 

Q4.あなたと同じ様な症状をもった方へ、何か勇気が出るメッセージがあればお願いします。

毎日痛みで辛いと思いますが、僕は負けずに向き合いました。今では仕事柄、痛みも少し出ることはありましたが、毎日楽しく過ごすことが出来ています。そのおかげで子供も産まれて抱くことが出来ました。諦めないで!

お名前:みかん ご年齢:34歳 ご住所:奈良県天理市 ご職業:引っ越し業

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

みかんさん、ご協力ありがとうございました。

さてそんな不安だらけで、本当に治るのかと思い悩んで夜も眠れなくなってしまっていたみかんさんの症状はどうなったでしょうか?(中見出し)

およそ1か月半で15回の施術でほとんどの症状はなくなり、お仕事も現場に復帰することが出来ました。

 

その後はお仕事で重いものを運んだり、走り回ったりする中で再発しないように調子を整える施術を2週に1度行いました。

それも3か月間続けてどれだけ動いても痛みが出ることはなくなったため、今では1か月に1回ほど身体のメンテナンスの為に施術に来られています。

 

その間に産まれたお子さんもちゃんと抱っこをすることが出来ています。

 

そして肉体的にも精神的にもつらく苦しい状態で夜も眠れなかった状態も、施術を始めて5回めには「いつの間にか寝ている」とおっしゃるほど寝つきも良くなり、朝までぐっすりと眠れるようになっていました。

 

もともと人一倍健康に気を付けていたみかんさんは、腰を痛める前から行っていたジムでの体幹トレーニングも再開し、新たに当院でお教えしたストレッチを行いながら、腰を痛める前以上に毎日を快適に過ごすことが出来ています。

 

だからこそ「腰を痛めてしまって、やりたいと思っていた事がすべて出来るようになって本当に嬉しいです。」ととてもいい笑顔で話してくれたみかんさん。

 

僕もそれだけの良い笑顔が見れてめちゃくちゃ嬉しいです!

本当に良かったですね。

 

それではなぜ病院に行っても、整骨院に行っても良くなることのなかった腰の痛みと足の痛み、シビレがこんなにもきれいさっぱりなくなったのでしょうか?

それは、

腰が痛いからといって腰だけに注目して施術を行ってもそれだけで良くなるわけではなく、どこに「本当の原因」があるかを見抜くことが出来たからこそ、痛める前以上に快適に過ごせるほど状態が良くなったのです。

 

 

今回のみかんさんの場合には、腰とは別に「内臓の下垂」「腸腰筋」のバランスが崩れてしまっている事が大きな原因となっていました。

 

そのため腰だけにスポットを当てて施術しても、「その場」では少し楽になったかんじがあったとしても根本的に良くならずに、何度通っても良くなっているかんじがなかったのだと考えています。

 

もちろん腰の施術をすることは必要なことだと思います。

それだけで良くなるのであればそれにこしたことはないですよね。

 

ただどうしてもそれだけでは良くならず、他にある「本当の原因」を見つけてあげないとよくならない方がいるのもまた事実です。

 

おそらくあなたもそういったかただからこそ今これを読んでいるのかもしれませんね。

 

身体というのは案外複雑に出来ていて、さまざまなところが影響しあって動いています。

ですので思わぬところが原因で「こんなところに痛みが出るんだ」ということが起こるのです。

 

今回のみかんさんも「腸腰筋が原因と言われたらなんとなくわかる気がするけど、内臓の下垂と言われても全くピンとは来なかった。でも実際に触ってもらったあとに明らかに変わってビックリした。」とおっしゃっていました。

 

そうなんです。

普通に考えたら「まさかこんなところが関係あるなんて」と思うようなところに適切に刺激を与えてあげることで、「どこに行っても治らない」「どうすればいいのかわからなかった」そんな症状もちゃんと良くなっていくのです。

 

 

そして身体とメンタルは密接に関わりあっているので、今回のみかんさんのように長いことつらく苦しい状態でどうしたらいいかわからないような症状でいると眠れなくなったり、元気が出ななくなってしまったりすることもあるでしょう。

 

そういった症状も当院独自の施術法である「天星十五脈診整法」という施術は身体全体のバランスを整えていくので身体もメンタルも両方しっかり整えていきますので安心してくださいね。

 

 

もしあなたが今、ヘルニアだと病院で言われ腰の痛みと足にかけての痛みがきつく、仕事をするのが困難になってきているのなら、今すぐ連絡してほしい。

 

そのつらく苦しい状態はきっと改善されて前よりももっと楽に生活できるようになるはずだから。

 

 

あなたとのご縁を心よりお待ちしています。

 

 

感謝。

鍼灸王国