手術をしないと仕事に復帰できないと言われた坐骨神経痛が元の生活に戻れた理由とは?

こんないい感じのカフェに行ってきました。

プロフェッショナルな手つきで入れているのを見るとカッコイイ!とずーっと眺めて怪しい人になっている、奈良県生駒市・東生駒駅前

少数精鋭「治せる」治療家集団®「鍼灸王国」の多井です。

 

 

今回のテーマは、

「手術をしないと仕事に復帰できないと言われた坐骨神経痛が元の生活に戻れた理由とは?」

もしあなたが今、腰のヘルニアを持っていて痛みとシビレで仕事に行くことも出来ずに辛い思いをしているのなら、ぜひ最後まで読んでみてほしい。

きっと自分もまた仕事に復帰できると思えるはずだから。

 

 

今回「口コミ・患者さんの声」をくださったS・Aさんの来院当初の症状は、

ある朝起きると腰とお尻の辺りに痛みが走り、だんだんと足にまで痛みが出てきました。

 

腰痛自体は以前からあったため、すぐ治るだろうと痛み止めを飲んで普通に生活をしていたものの、2日後には歩くことが出来ないほどの痛みで仕事を休んで入院するまでになってしまいました。

 

2週間ほど痛み止めの点滴や安静にしているうちに何とか歩けるほどには回復して一安心していました。

それでも痛みはまだあるし、仕事に復帰しないといけないこともあり、整骨院でバキバキ鳴らすような整体の施術を受けたそうです。

そうこうしているうちに再び歩くのも辛いぐらいの痛みが出てきてしまいました。

 

「これは大変だ」と病院に行くとお医者さんから「またこれだけの痛みとシビレが出ていて職場復帰したいなら手術しないと難しい」と言われてしまいました。

 

手術は出来るだけしたくないという思いもあり、しかも1度整骨院のバキバキ鳴らすような施術を受けて大きく悪化してしまった経験から、全国のさまざまなHPを見て吟味に吟味を重ねた結果、当院のHPを見て「ここの施術なら少なくとも悪化することはないだろう」「もしかしたらちゃんと治してくれるかもしれない」と思い連絡してくださいました。

 

そしてこのS・Aさんは、なんと愛知県の知立市という新幹線で来ないといけないような遠方からの方でした。

ですので、ちゃんと治すために事前にお電話で相談をさせてもらいました。

遠方からで新幹線に乗って通うとなるとなかなか難しいということでしたので、なるべく早く仕事に復帰するために泊りがけで集中的に施術を受けた方が良いであろうという話しをさせてもらいました。

ですので、連続して毎日施術を受ける決心をされて来院されました。

 

 

初診時のS・Aさんの様子は歩くのはもちろんのこと、立っていることも座っていることも非常に辛い様子で、お話を聞いている間も常に姿勢を変えないといけないような状態でした。

何をしていても強烈な痛みが臀部と足先にあり、夜に眠るときもボルタレンの座薬を入れてやっと少しだけ寝れるという状態でほとんど眠ることが出来ていませんでした。

 

当然そんな状態ですので、憔悴しきっていて肉体的にも精神的にもボロボロで見ている方も辛い気持ちになるような様子でした。

 

 

集中して施術を受けてもらうために当院の開いている日は毎日来院してもらい、1日に2回の施術を受けてもらうということを2週間続けてもらいました。

 

その結果・・・

 

今では腰や臀部の痛みはほとんどなく、まだ少し足にピリピリした気持ち悪さが残っていますが、特に日常生活に支障はなくなり、痛める前とほとんど同じように生活できるほどになりました。

 

本来であればもう少し週に1~2回の施術を続けていれば「もう完治ですね」とお伝えできる状態になっていたはずなのです。

ただ愛知県から生駒までという遠いためにその2週間の集中的な施術の後は、月に2~3回ほどしか来ることは出来ていませんが、その月に2~3回の施術でまだ残っている足のピリピリした感じもだんだんとなくなってきています。

 

このままのペースで施術すれば、本来よりは時間がかかってしまいますが「これでもう完治ですね。」とお伝え出来る日が来るなという確信を持っています。

 

本当に大変な状態で、遠いところからでも頑張って施術を受けに来て、仕事に復帰して元の生活に戻ることが出来て良かったですね、S・Aさん!

 

 

それではさっそくS・Aさんの「口コミ・患者さんの声」を読んでみてください。

 

 

手術しないといけないと言われた腰椎ヘルニアがウソのように良くなりました。

Q1.どんな症状をお持ちでしたか?

ヘルニア

 

Q2.鍼灸治療など、当院へ来院にあたって心配はなかったですか?

また心配はどうやって解消しましたか?

刺激が少ないとHPに書いてあったので(カイロや整体などに比べて)悪化のリスクは少ないと思いました。

 

Q3.当院の施術を受けたときの印象・感想などを教えてください。

待合や治療室に清潔感がある。先生の人柄が良く、なんでも相談しやすい。先生の言われた通りに体が反応するので、安心して治療を受けられる。即日身体の違いが実感できた。

 

Q4.あなたと同じ様な症状をもった方へ、何か勇気が出るメッセージがあればお願いします。

手術しないと職場復帰出来ないかもと言われていたのに、先生を信じて治療を続けたらウソのように痛みがなくなり、以前同様の暮らしを取り戻しています。腰痛に悩む方にぜひ試して欲しい治療院です。

お名前:S・Aさん ご年齢:35歳 ご住所:愛知県知立市 ご職業:会社員

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

SAさん、ご協力ありがとうございました。

それではなぜ腰椎ヘルニアで歩けないほどの痛みとシビレが2週間の集中的な施術でこれほどまでに良くなっていったのでしょうか?(

 

今回のケースの場合、いくつもの原因が重なったために歩けないほどの痛みとシビレが出てしまっていました。

 

それでは順序立てて説明していきましょう。

 

まず1つ目の原因として、日ごろからの疲労の蓄積があったと思われます。

 

もともと腰痛を持っていた事もあり、腰や臀部の筋肉にかなり強い張りが見られたこと。

 

そしてお話を聞いていても今回痛めるもっと前から「なんとなく腰が重いなぁ」という感じがあったそうです。

それらをちゃんと取り切らず、ほったらかしになっていたため原因の一つになってしまっていました。

 

 

そして2つ目に痛みが出てから痛み止めを飲んでごまかしていたことがあります。

「痛みが出たので痛み止めを飲む」という対処をする方は割と多くいると思うのですが、痛み止めというのはあくまでも痛みを一時的に抑えているだけであって、根本の治療にはなりません。

 

それどころか痛みというのは、「今そこに炎症が出ているので、動かすとまずいので動かさないでね」という身体からのシグナルなのに、それを無視してしまうということにつながります。

 

動かしてはいけないのに動かせばどうなるかはわかりますよね。

 

ごく軽い炎症であれば痛み止めを飲むことで楽になって、それから安静にしていれば炎症が治まることもありますが、それがある程度の炎症があって、しかも痛みを無視して動かせばほとんど確実に悪化します。

 

だから今回のS・Aさんのように気が付けば歩けなくなるほどに悪化してしまうケースも出てきてしまうのです。

 

もしこれが早い段階で身体からのシグナルをしっかりと受け取って適切な処置が出来ていればここまで強烈な痛みが出ることはなかったかもしれません。

 

 

3つ目の原因として、大腿骨と脛骨のねじれが強く出ていました。

このねじれが強く出ていることで臀部から足先にかけての症状が出ており、常にピリピリとした痛みを感じてしまっていたのです。

 

この強いねじれはおそらく腰や臀部の痛みから身体の使い方がおかしくなってしまい、さらに痛み止めでごまかしているうちにどんどん悪くなってしまい、これだけキツイ状態になってしまったと考えます。

 

 

そして最後の4つ目の原因として、これだけ痛みとシビレが出てしまったため、睡眠と食事をしっかりと取ることが出来なくなってしまったせいで体が本来持っている治癒力がキチンと働いてくれなくなってしまったことがあります。

 

治癒力がキチンと働いてくれなくなるとどういうことが起こるでしょうか?

 

簡単に言えば出てしまった症状がそのまま残ってしまうということです。

普段何気なく生活していると気が付かないかもしれませんが、人間生きていればさまざまな症状が出ます。

何かした拍子にどこかが痛いなんて言うことは意外に良くあることなのですが、気が付かないうちになくなっています。

それは身体の治癒力がキチンと働いていれば何も気にならないうちに体がちゃんと治してくれているからなのです。

それが治癒力の働いていない状態だとそういった小さな症状が積み重なって、大きな症状を生み出してしまう結果になってしまうのです。

 

 

今回のS・Aさんのケースの場合は今挙げた4つの原因を当院独自の施術法である「天星十五脈診整法」を使うことにより取り除いてあげることで日常の生活に支障なく、痛める前と同じような生活を送れるようになりました。

 

この当院独自の施術法である「天星十五脈診整法」は先ほどもお伝えした原因の中でも特に「治癒力」が働いてくれるように促してあげることを得意としています。

 

この「治癒力」が働いてくれるようになると、自分自身の身体でしっかりと治してくれるようになるので日々の暮らしを快適に送れるようになるため、これまで当院で良くなった患者さんの多くはこの「治癒力」を最大限に発揮できるように毎月1~2回のメンテナンスに来ています。

 

 

もしあなたが今、腰のヘルニアを持っていて痛みとシビレで仕事に行くことも出来ずに辛い思いをしているのなら、今すぐ当院に連絡してほしい。

 

当院でならその今の苦しみから解放されることが出来るはずだから。

 

 

あなたとのご縁を心よりお待ちしています。

 

 

感謝。

鍼灸王国