腱鞘炎で弾けなくなったピアニストが、連日5時間弾けるようになった理由は〇〇だった

先日、こんなものを患者さんからいただきました。

「ゆめづくし」という滋賀のお米です。

今来てくれている農家さんがくださったんですが、坐骨神経痛がひどかったんですが、

なんとか良くなって稲刈りに間に合うことが出来ました。

そのお礼にとわざわざ持ってきてくれました。

Mさんありがとうございます。

美味しく頂きました。

 

どうも、奈良県生駒市・東生駒駅前「鍼灸王国」多井です。

 

 

今回のテーマは

「腱鞘炎で弾けなくなったピアニストが、連日5時間弾けるようになった理由は〇〇だった」です。

 

 

もしあなたが今、ピアノをしていて親指の件を痛めてしまい、満足に弾くことが出来なくなってしまい困っているのならぜひ最後まで読んでみてほしい。

 

 

今回「患者さんの声」をくださったMNさんの来院当初の症状は、

左手の親指が思うように動かせなくなり、日常生活にも困るほどの痛みもあるという状態でした。

 

初めのうちは、ピアノを弾くと違和感があるぐらいでした。

それがだんだんと痛みに変わり、ちゃんとピアノを弾くことが出来なくなってしまいました。

MNさんはピアノの先生をされているため、弾けなくなることは致命的な事でした。

それでもなんとかごまかしながら教えていたのですが、どんどん痛みは強くなり、日常生活にも不便な思いをするようになってきてしまいました。

 

しかも、

「大切な商売道具である指を放っておくわけにいかない」と初めの違和感が出てきた段階で整形外科に行きました。

そこでは、腱鞘炎と診断され、「湿布を貼っておけば治るから」と言われ、毎日欠かさずちゃんと貼りました。

それでもだんだんと悪くなっていくので、もう一度整形外科に行くと湿布と痛み止めの薬を渡されましたが、一向に良くなる気配も見えませんでした。

 

「このままでは困る」と整骨院や整体、カイロと半年で4カ所も回ってきました。

どれだけ通っても全く治る気配さえ見えませんでした。

 

初めて来られた時に、「思うように親指は動かないし、全く良くなる気配もなく、本当に不安と苦悩の日々で半ばあきらめかけていました。」とおっしゃっていたのがとても印象深かったです。

そんな「不安と苦悩の毎日」だったMNさんも今では、

日常生活に支障はないですし、ピアノの練習も連日5,6時間弾けています。

 

そして

「この痛みがあったからこそ自分の弾き方に対してもう一度見直すことが出来て、演奏自体は以前よりも良くなっているんです。だからこの痛みが出て、治してもらうことが出来て、今は本当に幸せです」

と嬉しそうに話してくださいました。

 

MNさん、本当に良かったです。

日に日に笑顔が増えて喜んで帰っていくのを見て、僕も施術し甲斐がありました。

 

 

そんなMNさんの喜びの声を読んでみてください。

腱鞘炎も通う度に良くなっていくのがわかります。

Q1.どんな症状をお持ちでしたか?

左手親指の腱を痛め、思うように動かせなくなった。

 

Q2.鍼灸治療など、当院来院にあたって心配はなかったですか?
また心配はどうやって解消しましたか?

特にありませんでした。

 

Q3.当院の施術を受けたときの印象・感想などを教えてください。

通う度に良くなっていくのがわかり、治る希望を持つことが出来ました。

 

Q4.あなたと同じ様な症状をもった方へ何か勇気が出るメッセージがあればお願いします。

必ず治して下さいますので先生を信じて通って頂ければ大丈夫だと思います。

お名前:M.Nさん 住所:奈良県生駒郡 ご年齢:48才 ご職業:主婦

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

MNさん、ご協力ありがとうございました。

 

 

ではなぜ4カ所も色々な治療を受けたにも関わらず全く良くならなかった親指の痛みがきれいさっぱりとなくなっていったのでしょうか?

 

それは、

この腱鞘炎の原因が肘にあったからなのです!

 

「いやいや、痛いのは指であって肘は関係ないでしょ」と思いましたか?

実は、指を動かす筋肉や腱というのは、とても長くて肘の外側にくっついているのです。

 

MNさんはとても頑張り屋さんでしたので、きっとピアノを長年、毎日毎日頑張って弾いていたのでしょう。

それも熱が入ると一生懸命にかなり力が入った状態で弾かれていたようです。

 

そうするとだんだんと疲労が溜まり、筋肉が硬くなってしまい違和感が出て、痛みへと変わってしまったのです。

ですので、

疲れ切ってしまった筋肉をケアしてあげた上で、痛みを取る施術を行うことで完治へと導くことが出来ました。

 

痛みだけに目を向けて、患部のみの施術を行ってもなかなか良くならないのです。

 

もしあなたが今、左手の親指が思うように動かせなくなり、日常生活にも困るほどの痛みもあるという状態なら今すぐ電話してほしい。

きっとその不安な気持ちは希望に変わるはずですよ。

 

あなたとのご縁を心よりお待ちしております。

 

感謝。

アクセス

メールでのお問い合わせはこちら

鍼灸王国と一般の施術院の違い

「全てが違う」という印象を受けるかと思います。

今まで一般的な治療院、医院に行ってきたあなたなら、「全てが違う」という感覚を受けるかと思います。

整骨院・整体院ではマッサージやバキバキと骨盤矯正されたり、電気治療などで施術を受けてきたのではないでしょうか?
鍼灸院ですと、痛みが出ている部分に針を刺したり、電気を流す、または個室でゆっくりただただ針治療を受ける。そんな施術だったのではないでしょうか?

鍼灸王国ではそういったことは何ひとつ行いません。

 

当院だけで受けられる「天星十五脈診整法」施術

施術風景

脈診と呼ばれる、手首の脈から臓器の力のバランスやエネルギー状態を診て治癒力・免疫力などを引き出す、極軽微な針刺激を皮膚面に刺激していく鍼灸治療と、人間の構造力学、バランスなどの観点から身体を最適化させる特別な手技療法を合わせた、天星十五脈診整法を用います。

その施術は鍼灸治療、手技治療ともに多くの場合、驚くほどソフトに行います。(※)

「なぜこんな施術で楽になってしまうの?」
「なんで痛みのある箇所と関係のない場所に触れてこんなにも楽になるの?」

そんな混乱に似た感情を受けることと思います。

※ お身体の状態によっては、多少痛みをともなう施術を行う場合もあります。

毎日放送「Dr.なんぼでっか!?」でも、天星十五脈診整法がとりあげられました。

病院の医師も推薦する治療技術

元住友生命 社医 津田忠明先生

私は医師として40年余りの歳月、西洋医学に携わってきましたが、東洋医学に目を向けることは多くはありませんでした。
しかし鍼灸王国の多井先生と出会い、多井先生が使いこなす「天星十五脈診整法」という傑出した高度な施術を知ったことで、東洋医学の「天星十五脈診整法」の奥深さ、素晴らしさを実感いたしております。

治療院が乱立する昨今では
「何件も回ってみたけれど良くならなかった。」
どこの院のホームページを見ても良さそうなことが書いてある。」
そのような方が多くいらっしゃいます。

そんな迷ってしまっている患者さんにこそおすめしたい治療院です。

また、私が鍼灸王国を強く推薦する理由は、治療技術はもちろんですが、先生方のそのあたたかいお人柄も理由のひとつです。

ぜひ痛み・シビレなど身体の不調で悩まれている方は、鍼灸王国をお訪ねください。私が心より推薦させていただきます。

もう、整骨院や鍼灸院探しに明け暮れる日々にはサヨナラです。

料金は一律でわかりやすく安心!

鍼灸王国